はじめまして。いい気象ですね(降雨)
最近決まった曜日に降雨が降ってる部分小さいですか? はぁ、分かりませんか。
降雨ってほんのり憎悪でして。着物が濡れるってのも違和感はあるんですけどね。それよりも雨具に不満があるんですよねぇ。
雨具というと、かっぱとかポンチョとか、傘とか。ちびっこの時分は小雨決行の遠足の太陽は割とメランコリーでした。
あれれ、ベスト防衛できないか。かっぱだと真下がお留守ですよという言わんばかりにクルマからの水沫味わうし、傘なんてもっての外。
否傘も有難いカルチャーの利器ですよ? 手持ちで前文からの突撃()を回避できる優れカタチですよ? 一番発明した人は天才。降雨が嫌いだからこそ生まれたんだろうし、個々人といった気の見合う知人になれたという。
とはいえ、個々人は降雨といった長時間コミュニケーションをとってきました。殴り合いのけんかも長時間しました。一方的に濡れたのは個々人ですけどね!ww
青春のゼロ頁に、降雨の中央自転車をとことん走らせたことだってあります。だらだら好きなんだな、降雨の部分。
しかしながら雨具、とくに傘がもたらす反発が、自分が降雨を憎悪とする根拠のひとつになっているわけで。
降雨の太陽に傘さしますよね。横殴りの降雨は、きっと、はい、避けられないとしてね、前文から降って現れる降雨なら傘で防げますよね。濡れる地を抑えられるっていうのは体温段取りにも影響しますからね。
前文から降ってきた降雨が、傘に突き当たり、雫となって垂れて行く。←よしココ。ココチャレンジに出ますよ!
雫が着物に落ちたら結局濡れるじゃん!!!といった。
もうちょい具体的に言うと、「カバン長時間背負ってるときに傘を指し示すといった、負うカバンは貫き切れず、しかも傘から降る雫で局地的に濡れる」みたいな感じ。
おうちに帰って背負った積荷おろすって水没、って蓄積が、既に、いくつもあります。そのたび「おやぁぁぁぁー……」という何度も何度も溜め息をつきます。ぐったり行うんだよね。
こいつ、どうすれば解決すると思います? 積荷にビニール資料かぶせちゃう? いっそ全身ビニールマンにでも上る? やです、なぞひわい(なぜです)。
正解として早いのはね、降雨と仲良くなることですね。降雨といった知人になるんですよ。
濡れる? ノンノン、雨粒をぶつけるって、連中なりのスキンシップだからアレ。……前述って言ってる部分変わったな。
前述述べた「青春のゼロ頁」が一つの案件だ。「僕、お前達と共に駆けてるんだ……!!」という独特のワン立場をお届け。
対処。雨具に不満があるなら取り扱うな。使わずに降雨という対話し、繋がりを深めることが気構え清掃にも良い。穏やかだし、雨粒って無限に降ってくるからヒロイン選考放題のギャルゲーだと考えたらもはやハーレム。ぼくはへんたいですな。lineqrコードの掲示板サイト

Comments are closed.

Post Navigation