自宅には3カ月って少しの幼児がいらっしゃる。3カ月に入ったところに首が座り、抱っこが何ともラクラクなってきました。そんなふうに思っているのも束の間、今度は寝返りの習得が始まりました。ココ3日光ほど起きているときはずっと寝返りをしようとボディをくねらせ、目を離せない状況になりました。おなかの時にいるときからボコボコといったおなかを蹴り上げ、手を動かして情熱だった幼児、生まれてからも極めて情熱だ。徒歩をばたばたとしてキャーって奇声を見せつける、次第にボディをくねらせ寝返りを半ば。そこで先ず安寧アーウーというアナウンスが始まります。そこから現状をつけて寝返りを努めますが、現状が足りず先にも行かず、但し元にも戻れず泣き出す仕舞。寝返りを手伝ってうつぶせにすると、また奇声を発して喜びます。一所懸命手でボディを支え、首を振り上げる。そこにわたしが顔つきを見せるって、いつもと違うアングルだからか一度驚異そうな顔つきをしてからスマイルになり嬉しそうに所感をあげます。少しずつ前に出ようと徒歩を動かしますが、未だに進めず。そうしてしばらくすると疲れてくるようで、脳裏が下がって来る。またここで泣き差し出し、うつぶせ止め。ゴロンという元に戻すというキャピキャピ微笑み、しばらくすると、また寝返りの習得が始まります。当日こそは適うんじゃないかと、毎日の楽しみになっています。したらしたで、更に目が離せなくなるのでしょうけど…。幼児の成育の足どりに必死について行く、そういった興味深い毎日を過ごしていらっしゃる。LINE ID掲示板は危険なのか!?

Comments are closed.

Post Navigation